上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
何事もなかったように更新する。河辺です。



最近、ラッシュというバンドにはまっているんですよ。

音漫も活動休止状態にしたんですが、その最後もラッシュの最高傑作、「Moving Picture」にしたぐらいですから。

Moving PicturesMoving Pictures
(1997/06/03)
Rush

商品詳細を見る



今日は、そのラッシュの中でも好きな曲である、「Xanadu」という曲について語りたいと思います。





XanaduはElectric Light OrchestraやOlivia-Newton Johnの曲、映画のイメージもあってか、『楽園』というイメージを持ちがちなのですが、
直訳すると「上都」という意味で、上都とは、今の内蒙古自治区にある、古い都の名前だそうで、フビライ・ハンは上都で即位し、のちに北京に遷都したらしいです。
北京に遷都する前は、上都が首都だったのですから、その時、歓楽宮を建設させたのかもしれません。

それにしても、この曲、イントロ部分がとても長いのですが、『世界の果てにある桃源郷』のイメージを、その怪しさや寂しさも含めて想起させてくれます。
『CYGNUS X-1』もそうですが、情景をインストで描写する、その表現力は本当に脱帽ものです。


とにかく、、高いテクニックをふんだんに使った演奏も聴いてほしいですし、ニール御大が書いた歌詞にも注目してほしいです。




"To seek the sacred river Alph
To walk the caves of ice
To break my fast on honey dew
And drink the milk of paradise..."

I had heard the whispered tales
Of immortality
The deepest mystery
From an ancient book. I took a clue
I scaled the frozen mountain tops
Of eastern lands unknown
Time and Man alone
Searching for the lost --- Xanadu

Xanadu --- To stand within The Pleasure Dome
Decreed by Kubla Khan
To taste anew the fruits of life
The last immortal man
To find the sacred river Alph
To walk the caves of ice
Oh, I will dine on honey dew
And drink the milks of Paradise

A thousand years have come and gone
But time has passed me by
Stars stopped in the sky
Frozen in an everlasting view
Waiting for the world to end
Weary of the night
Praying for the light
Prison of the lost --- Xanadu

Xanadu --- Held within The Pleasure Dome
Decreed by Kubla Khan
To taste my bitter triumph
As a mad immortal man
Nevermore shall I return
Escape these caves of ice
For I have dined on honey dew
And drunk the milk of Paradise




「聖なる川アルフを捜し求め
 氷の洞窟を歩き
 蜜のしずくと楽園のミルクを
 我の糧とするために‥‥」

不老不死の伝説が囁かれるのを聞いた
それは、最大の神秘
古代の本から、僕は手掛かりを得た
誰も知らない東の国の
凍りついた山の頂上に
僕はよじ登った
時間と人間だけが存在するところ
失われた場所を求めて──ザナドゥ

 ザナドゥ──
 忽必烈汗が建設を命じたという
 歓楽宮の只中に立ち
 命の木の実をもう一度味わうために
 ただ一人、不老不死の人間として
 聖なる川アルフを発見し
 氷の洞窟を歩こう
 ああ、僕は蜜のしずくをその糧とし
 楽園のミルクを飲もう

千年の時がやってきて、去っていった
でも時は、僕のそばを素通りしていく
空で星は動きを止め
永遠に変わらぬ風景の中、凍り付いている
世界の終わりが来るのを待ち焦がれながら
夜には、もううんざりだ
光を求めて祈っている
失われた牢獄──ザナドゥ

 ザナドゥ──
 忽必烈汗が建設を命じたという
 歓楽宮に閉じ込められ
 苦い勝利を味わっている
 正気をなくした、不老不死の人間として
 もう二度と戻ることはないだろう
 この氷の洞窟から脱出することもできない
 僕は蜜のしずくを食し
 楽園のミルクを飲んでしまったのだから

スポンサーサイト
2011.06.26 Sun l 音楽 l コメント (3) トラックバック (1) l top
まさか三度目を描くとはだれも思っていまい!
今日は音楽についてさらっと紹介しちゃうよ!

俺の本気の音楽レビュー見るならメインブログの音漫を見てね


今日は、ギタリストについてちらほらと。


やっぱ、ロックを語る上で、ギタリストの存在は欠かせません。
ギタリストたるもの、テクニックは勿論ですが、何よりもパフォーマンスが大事です。
その点において先日紹介したジミヘンは飛び抜けていると思います
いかに革新的、革命的なパフォーマンスができるか。ギタリストの存在価値はこれにかかっていると言っていい。

僕が一番好きなギタリストはジミー・ペイジであります
チェロの弦でギターを弾くなど、そのパフォーマンスには目を見張るものがあります
しかし、ジミー・ペイジで納得が行かないのはライブでのギターソロ。ラッシュやゲディー・リーじゃないですけど、スタジオ盤と同じように弾いてほしいと思うのは俺だけじゃないはず。


キーボーティストも語るよ!

やっぱキース・エマーソンは格が別。
ご存じELPのキーボーティストですが、
彼らは三人でプログレをやるというとんでもないことを成し遂げなければなりません。

演奏能力はそれを補って余りあるほどなので、演奏面での難題はクリアしました。

しかし問題は、ライブでのパフォーマンス。
ロックに対して、聴衆は派手で猛々しく、ダイナミックなパフォーマンスを求めています。
グレッグ・レイクやカール・パーマーはそれをクリアできる楽器だったのでなんなくクリア。

問題はキース・エマーソンです。
他の楽器と違い、キーボードは常に下を見ながら演奏する形になってしまいます。
更に彼は、キーボードと同時にシンセサイザーを弾くので、益々それが困難になります。
彼は、このキーボードを弾きながらいかにパフォーマンスするかという難題を、どう解いたか。


それは、キーボードにナイフを刺す。
キーボードにナイフを刺し、音階を鳴らしっぱなしにしながらパフォーマンスするのです。

また、ピアノを回転させるなどのパフォーマンスも有名ですね。
彼は、キーボードを弾きながらパフォーマンスするという、前代未聞のことをやってのけたのです。
キース・エマーソンは、キーボードの可能性を広げた偉人なのです。

2011.03.06 Sun l 音楽 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近、ハッピーエンドの曲が少ないと感じる。


今年の私的一番の名曲は、Eminem feat.Rihannaの「Love The Way You Lie」なのですが、(マジで後世に残る名曲。同歌手のStan並の衝撃。いやそれ以上だろう。)(ちなみに昔これについてさらっと書いたことがあります。その記事はこちら)






DVに遭った、エミネムとリアーナがDVについて切実に訴える歌で、
まあハッピーエンドなわけないのです。

If she ever tries to fucking leave again
もし彼女がもう一度出て行こうとしたら
Im'a tie her to the bed and set this house on fire
彼女をベッドに拘束してこの家に火をつけるだろう


大体こんな感じの歌詞が続きます。
そもそもタイトルが「あなたのうそのつき方が好き」ですもんね。
ちょっと狂ってますね。

Marron5の「Misery」なんかもあまり好みの持てる歌詞ではないですね。


まあ、大した不満でもないのですが、
やはり後味の良い曲も聴きたい。
ケイティー・ペリーの「Firework」なんかはいい歌詞ですが、あれは個人的に曲が微妙…




ハッピーエンドの曲…
なかなかこれが見つからない。
全部ハッピーエンドであればいいというわけではもちろんないのですが、
たまには聞きたいのが性。




ありましたよ奥さん。これ以上ないほどハッピーエンドのラブストーリーが。

↓歌詞日本語訳(英語歌詞はこちら)

あなたは大学生で、ウェイターのバイトをしてた

私は田舎町を飛び出して過去を忘れようと

恋を恐れ逃げ続けていた

愛は永遠に続かないのに、なぜ恋してしまうの

こんなの信じられる?って

ふたりでソファーに寝そべっていた時に聞いたでしょう?

尾の時に実現できるって気づいた

川辺にふたりで腰掛けてた時のことを憶えているかしら?

初めて私の肩を抱いてくれたよね

いいかげんな親のせいで恋に慎重になった娘に勇気を与えてくれた

今まで私が得たものの中で、一番素晴らしい存在

この瞬間を永遠にするわ 絶対に振り返らない

いいかげんな親のせいで慎重になった娘に勇気を与えてくれたあなた

今まで私が得たものの中で、一番素晴らしい存在

憶えてるかしら? 川面に街の灯が揺れていた時のこと

初めて私が愛を信じられるようになったの あなたにも伝わったよね

午前2時半のケンカを思い出すわ

私たちの手のひらからすべてが滑り落ちていった

泣きながら飛び出した私を表の通りまで追いかけてきたあなた

これで終わりだと心の準備をしたわ

今までずっとそうだったから

でも予想外の展開だった

「絶対に君をひとりにはしない」とあなたは言ってくれた

あなたはさらに言ってくれた

「川辺にふたりで腰掛けてた時の気持ちは忘れない

君を見つめるたびに いつも初めて出会った頃の気持ちを思い出す

僕が恋に落ちたのは、いいかげんな親のせいで慎重になった女の子

彼女は今まで僕が得たものの中で、一番素晴らしい存在さ」と





これがビデオと平行してみるとまた泣けるんですわ。
いや~よい。非常に良い。

あとで音漫にもおんなじ記事書こうかな。本当にこの曲気に入った。
2011.01.23 Sun l 音楽 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。