上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
色々な短いもの紹介。
■短い詩
まどみちおの詩。タイトルは「毛虫」。


「毛虫」

さんぱつは きらい



え~これはですね、毛虫の毛の多さ、それを誇らしげにしている様子から、
直観的な要素を経て、この詩に至知らねえよバカ。
なんなの?これ。こんなんで金とるとか不況をバカにしてるでしょ!
確かに鋭いよ。毛虫なんて散髪したら只の虫だもの。
しかし、これで金を取るのはやめていただきたいものだ。


■短いタイトル
ある歌のタイトルで、とてつもなく短いのがあります。
北島三郎の歌、「歩」。
なかなかいい歌詞でして、ちょっと感動します。
分かっていると思いますが、歩は将棋の駒です。




肩で風きる 王将よりも
俺は持ちたい 歩のこころ
勝った負けたと 騒いじゃいるが
歩のない将棋は 負け将棋
世間歩がなきゃ なりたたぬ

あの娘いい娘だ 離れもせずに
俺を信じて ついてくる
みてろ待ってろ このまますまぬ
歩には歩なりの 意地がある
いつかと金で 大あばれ

前に出るより 能なし野郎
吹けば一番 飛ぶだろう
だけど勝負は 一対一よ
王将だろうと 何だろと
後にゃ引かない 俺のみち


邦楽はほとんどというか全く聞かない私ですが、この歌はお勧め。
関連記事
スポンサーサイト
2010.08.05 Thu l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://turedure628.blog69.fc2.com/tb.php/12-5e087296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。